おやつを食べても、ダイエットできる!

ダイエットしていると、甘いおやつは禁物?!と思いますよね。
でも、大丈夫なんです。例えば、板チョコ半分までなら食べても大丈夫!ということなんです。7月17日、NHKで放送していました。

なぜかというと、血糖値のコントロールにあるのです。
ダイエットのために、朝ごはんを抜いて我慢しても、お昼ご飯にドカ食いしてしまうと、血糖値が急上昇して、そのあと急降下。こんな急変動がよくないんです。

血糖値の急変動しないように、食事と食事の中間におやつをちょっと食べることが勧められています。
注意することは
①食後2時間後
②食べる量は手のひらに乗るくらい
③おやつの質が大事。炭水化物が多いものは血糖値が上昇してしまいますので、なるべく避けたほうがいいです。例えば、芋羊羹などはダイエットするならやめておきましょう。
かえって板チョコ、シュークリームなどの洋菓子ならOKという嬉しい情報でした。

食後30分でおやつを食べてしまうと、血糖値がさらに上がり、その後、急激に血糖値が低い値になり、夕食を食べすぎて血糖値がさらに高く跳ね上がってしまいます。
おやつを食べるタイミングで、こうも違うのですね。

ダイエットは食事のほかに、加圧下着カーヴィーフィット
も有効ですね。